商品一覧

地震みはりロボ  アースコンセント接続タイプ

コンセント型・漏電ブレーカ遮断方式

地震みはりロボ  アースコンセント接続タイプ

電気工事なしで誰でも取り付け簡単設置! 電気火災を未然に防ぎます。 この1台で家中の電気をすべて落とします。 震度5強を超えたときに音声メッセージを流し自動的に電気を遮断します。 また、再送電時にも電気を遮断して再送伝時の火事も防ぎます。 安心の国内生産です。

2_地震みはりロボ(コンセント)_A4チラシ
遮断動作
A4_遮断動作パネルPOP (1)
各部の名称                      接続図
%e5%90%84%e9%83%a8%e3%81%ae%e5%90%8d%e7%a7%b0%e3%80%80%e6%8e%a5%e7%b6%9a%e5%9b%b32
仕様

項目一般仕様、性能および内容
型式MT-EQS1
適用コンセントアース付コンセント AC100V
適用主幹ブレーカー漏電ブレーカー高速型30mA以下
電源電圧AC100V±15V 50/60Hz
消費電力(待機時)0.25W
地震感震器オムロン製
地震検知範囲検知レベル 130ガル~150 ガル(震度5強相当)
遮断の作動、不作動250Gal周期0.3s,0.5s,0.7sにて作動。
80Gal周期0.3s,0.5s,0.7s及び250Gal周期0.1sにて不作動。
感震動作機能地震波を検知すると、音声案内後、約 0、1、2、3 分後に漏電ブレーカへ遮断信号を出力します。
地震波を検知してから、遮断信号を出すまでに停電が発生すると地震波検知を記憶して、復電時にすぐに漏電ブレーカーへ遮断信号を出力します。
停電補償機能停電後18秒以内に地震波を検知すると地震検知を記憶して、復電時にすぐに漏電ブレーカーへ遮断信号を出力します。
表示器電源表示及び再送電表示 LED(緑)・地震発生表示 LED(赤)・音量設定表示LED(緑)
外部スピーカー8Ω 出力 0.5W(最大)
発生音声内容①「プルル プルル 地震が発生しました」
②「プルル プルル まもなく安全のため電気を切ります」
寸法高さ 135mm x 幅 76mm x 奥行 35mm(取り付け器具を除く)
生産国日本国

%e6%84%9f%e9%9c%87%e3%83%96%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%ef%bc%88%e5%86%85%e9%96%a3%e5%ba%9c%ef%bc%89

8_訴求_地震みはりロボ

下記の新聞記事、カタログ、チラシ、取説等は拡大、ダウンロードもできます。

 

下記は新聞記事です。感震ブレーカの必要性がわかると思います。

年々政府の取り組みも変わってきております。

2013年12月20日日本経済新聞(首都直下地震、被害想定、犠牲者の7割が火災)

感震ブレーカーの配置提言

2014年10月12日朝日新聞1面(大震災出火、3割が電気火災)

感震ブレーカー普及、対策検討へ。

2015年3月8日朝日新聞1面(感震ブレーカー設置を、政府が要請)

首都圏など住宅密集地に設置求める。現在、設置率1%。

2015年3月10日読売新聞1面(感震ブレーカー設置促す)

大地震の電気火災対策に感震ブレーカーの設置をようやく普及するよう政府が動く。

2016年3月19日日本経済新聞(感震ブレーカー新築時に設置)

2024年までに設置率25%目標。設置を求めるのは、信頼性の高さを考慮し、分電盤やコンセントタイプとする。簡易タイプは信頼性がやや劣るため、積極的には進めない。

2016年3月30日読売新聞1面(感震ブレーカー設置進まず)

国は感震ブレーカーの設置対策は切り札として位置づける。

地震みはりロボ カタログダウンロード

地震みはりロボ チラシダウンロード

取付・取扱説明書ダウンロード

おすすめ記事

ページ上部へ戻る